キャリアプランを2つ立てるメリット

将来、自分がどうなっていたいのかを明確にするプランを立てることは、今後の展望をクリアにするためにも大切なことです。
そのため、入社するとまずキャリアプランを立てさせる会社は多いです。
その際、男性と女性ではプランの立て方が少し違います。もちろん、仕事に対する姿勢は男女共に同じですが、基本的に男性は一生働けるのに対し、女性は結婚・出産・介護など家庭の事情で、勤務を続けられなくなる可能性があるのです。
そのため、男性が定年までの長いプランを立てるのに対し、女性が定年までのプランを立てていたとしても、結果その通りにならない事が多いのです。

いつどうなるかわからない家庭の事情を考慮したプランを練る事は難しいと思います。おすすめは、定年までのキャリアプランの他に、もう一つのプランを立てておくことです。

それは、プライベートな問題で勤務を続けられなった場合のプランです。ライフイベントが発生した場合のことも考慮したライフプランを考えておきましょう。
結婚し、子どもができた場合はいつごろ保育園を探すべきか。子どもが何歳ぐらいの時に仕事復帰を目指すかなど、そうした人生設計と仕事をリンクさせて考える事で、何をしておくべきかが見えてくるはずです。

この人生設計を考慮したプランの良い所は、特に人に言うための物ではない為、もしプラン通りに行かなかったとしても、また練りなおせば良いところです。そのため、いつでも臨機応変にプランを構築し直す事ができます。
女性だけでなく、男性にも役立つキャリアプランの上手な立て方が載っているサイトを見つけました。後悔しない人生を送るためにも、是非<将来を見据えてキャリアプランを>を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です